イラストレーション、装幀、挿絵

雑誌「母の友」(福音館書店)2019年11月号。<こどもに聞かせる一日一話> のお話の1話の挿絵を担当しました。「あくびライオン」(作:糸畑くみ)

雑誌「母の友」(福音館書店)の2019年11月号。/表紙イラスト100%ORANGE さん

雑誌「母の友」(福音館書店)の2019年11月号。
今月は毎年恒例の特別企画。
<こどもに聞かせる一日一話>


30日分お話が掲載されています。
見開きページに絵が盛りだくさんな贅沢な一冊になっています。
今年もその中にまた混ざれて、嬉しいなあ。

私は、糸畑くみさん(イトハタ)の 「あくびライオン」に挿絵を描かせていただきました。

昼下がりの動物園。
いい気持ちで昼寝をしているライオンの口の中に、なんとミツバチが飛び込んで来ました。どうなるのでしょうか?
糸畑さんのお話をお楽しみください。

書店で見かけましたらぜひ。 写真右が、私の掲載ページ。
イラストの下書きとパチリ 。
うーん。やっぱりラフ(下書き)の方が気が抜けてていいかなあ。

2019年/母の友(福音ん感書店)11月号: 掲載ページと、イラストのラフ画像

早川純子【HAYAKAWA, junko】版画家:絵本作家

東京生まれ  
多摩美術大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしています。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、 「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、 「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など多数。
現在2020年春刊行予定の絵本を製作中。

************
こんにちは。このブログ記事を見ていただきありがとうございます。
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する版画や、絵本を作っています。
鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。
頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けながら作品をつくり、 それがどんどん世界につながっていく。そして新しい出会いにつながり、またワクワクな作品を作っていけたらと考えています。
のんびりよろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Homepage】 https://www.hayakawajunko.com
【blog】 https://www.sikatuno.net
【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いかも。 https://twitter.com/sikatunohanga
【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。ここサボってます。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ワークショップ

    絵や文字の位置でガラリとかわる。「ふたみひらき絵本」絵本ワークショップ3回目
  2. ほにゃほにゃ気まま日記

    よく使うボールペン。サラサをよく使うきっかけは、インドネシアでした。 
  3. グループ展

    [子どもとアーティストの森]3 子どもたちの作った素材を持ち帰るが、どうしようか…
  4. 個展

    9月30日の個展のイベント 影絵芝居の上演時間を繰り上げる場合があります。
  5. ほにゃほにゃ気まま日記

    展示の準備中です。
PAGE TOP