ほにゃほにゃ気まま日記

  1. 絵本「はやくちこぶた」(瑞雲舎)の姉妹編のラフを描いています。 その2

    ここ数日、来年(2020年)刊行予定の絵本ラフをグリグリ。 「はやくちこぶた」(瑞雲舎)の姉妹編。 今回はオオカミが主人公です。 見開きページで簡潔に進めてい…

  2. 台風。型板ガラス?凸凹、すりガラス窓の養生。実家のかたずけを見直す。

    台風。今回の台風(前回の千葉などの被害も含めて)。被害の範囲が広く心配です。う〜。。。私と家族はおかげさまで無事です。実家は幸い窓も割れることもなく、雨漏りだ…

  3. みんなが見ていないけど上演する?魔除けの仮面舞踏劇トペン・ワリ_topeng wali

    東京外国語大学の<東アジアの音楽と芸能を知ろう 2>という連続講座を受講してみた。夏に東京外語大学のイベントで見た映画。マレーシアのワヤンのドキュメン…

  4. 秋のアゲハの幼虫:緑のウンチが意外に綺麗。1日何個するのか、数えてみた。

    アゲハの幼虫のウンチって意外にきれいだ。数日前から飼い始めたアゲハの幼虫。ウンチ。結構量が多い。写真をとってみたら、意外に面白い形をしていた。…

  5. [子どもとアーティストの森]5 子どもがワークショップで自由に描いた絵の上に、版画をガツンと刷る。_…

    ワークショップのときに、子どもたちが自由に画用紙に描いていた絵。その上に版画を刷ることにした。画用紙の大きさが、ちょうどポストカード4枚分の大きさ。出来上がり…

  6. 新しい老眼鏡を作った。かけると世界が違って見えるなあ。

    老眼が進んだので、先月新しい老眼鏡を作った。前回初めて作ったのが2014年くらいだったかなあ。5年くらい間があいている。今回作ったのは、木版用の作業用…

  7. バッタって、草を口にたくさん詰め込みすぎて死んじゃうことがあるのかな?(*虫の写真が出て来ます。)

    4日前から世話していたバッタ(トノサマバッタの幼虫かな?)。今日飼育ケースを開けたら動かなくなっていた。(*虫の死骸写真が出て来ます。嫌いなかたはご注意を)甥…

  8. セミと猫

    夜中ビールを買いにコンビニに行く途中、猫が道の真ん中に寝そべってた。暗闇のなかコンクリートの道の上を 寝転んでる猫。猫の前にセミがいた。死にかけのセミを 触っ…

  9. カエルの絵本 よみきかせでも面白い

    「ヒキガエルがいく」パク ジォンチェ作 翻訳 申明浩/ 広松由希子 岩波書店ヒキガエル。私が住んでいる家の周りでも、雨上がりや、小雨の夜。歩道でのそ…

  10. 東京で楽しむ夜のジャワ。ガムラン、ワヤンや人形劇。『ムジカーザでガムラン2019』

    6月27日、28日。代々木上原のムジカーザで、インドネシア・ジャワの古典芸能が楽しめるイベントがあります。 宮廷音楽、舞踊、人形、影絵芝居が東京でギュッと。 …

  1. ほにゃほにゃ気まま日記

    新しい老眼鏡を作った。かけると世界が違って見えるなあ。
  2. 掲載記事

    『絵本作家61人のアトリエと道具』(玄光社)に、掲載されました。
  3. ワークショップ

    絵や文字の位置でガラリとかわる。「ふたみひらき絵本」絵本ワークショップ3回目
  4. ほにゃほにゃ気まま日記

    秋のアゲハの幼虫:緑のウンチが意外に綺麗。1日何個するのか、数えてみた。
  5. グループ展

    [子どもとアーティストの森]8 展示の作品の紹介を少し。_ruriro(川越市)…
PAGE TOP