絵本:重版、海外版など

「十二支のおもちつき」 の読み聞かせ。酉年だったら、この絵本の組み合わせがいかが?

小学校の学童保育で、読み聞かせをしている友人から、「絵本『十二支のおもちつき』を読むよ〜」と、お知らせをいただいたので、近所の小学校に遊びに行きました。

小学校は今週から始まったのですね〜。
今年最初の読み聞かせの絵本に選んでもらって嬉しかったです。

 

 

この日の読み聞かせに集まったのは、一年生。
「みんなは“なに年”なの??」と聞くと、「うし〜〜!」「うし〜〜!」「うし〜〜!」の大合唱。「私はイヌ〜。」と、言ったら、「最後から2番目か」と、軽く流されてしまいました。「うしだって、最初から2番目じゃん。」と、言い返せなかったなあ。うう。

この日の学童保育での読み聞かせは、2人でされていました。
もう一人の方が選んで読んでいた絵本が、「十二支のおもちつき」に、とてもぴったり!だったので、ご紹介します。

「ねずみのすもう」
大川 悦生 (作), 梅田 俊作 (絵) ポプラ社
やせたねずみと、太ったねずみが相撲を取ります。やせたねずみは、お餅を食べて力をつけます。

「コッケモーモー!」
ジュリエット・ダラス=コンテ(作)アリソン・バートレット(絵)たなか あきこ(訳) 徳間書店
鳴き方を忘れちゃったニワトリ。
「コッケモーモー」「コッケガーガー」他の動物の鳴き声と、混ざっちゃています。

今年の年末の読み聞かせは、この3冊の組み合わせ。面白いんじゃないかなあ。
あ、来年は酉年じゃないんだ!

*********

昨年の12月末。  おかげさまで、「十二支のおもちつき」が3刷りになりました。
嬉しいなあ。ありがとうございます。
季節物の絵本なので、本屋さんでは、そろそろ鬼やお雛様の絵本と交代かな?
店頭にないときは、図書館で是非ご覧ください。
そしてまた今年の年末に、お願いいたします〜。

「十二支のおもちつき」
すとうあさえ さく/早川純子 え
童心社
定価1,296円 (本体1,200円+税)
2016年10月1日に刊行
ISBN:978-4-494-00778-3
NDC:913

出版社の童心社。お知らせのページはこちら

年賀状、また年末から年明けのお手紙。ありがとうございました。前のページ

第20回記念展 多摩美術大学版画OB展2017 札幌で来週から次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ワークショップ、講座

    「パタパタ絵本」 「パタパタ絵本2」2019年後期 絵本ワークショップ4回目
  2. 絵本制作メモ My picture book production process

    絵本「おおかみのはなし」校了しました。
  3. WEB管理メモ

    ホームページどうしよう。WIXや、JIMDOや、ワードプレス??と迷いました。ま…
  4. しかつの活動

    COVID_2019メモ23 2020年3月4日(水)雨
  5. しかつの活動

    COVID-2019メモ22 2020年3月5日(木)晴
PAGE TOP