絵本

「十二支のおもちつき」 年末の読み聞かせ。この組み合わせはいかが?

小学校の学童保育で、読み聞かせをしている友人から、「絵本『十二支のおもちつき』を読むよ〜」と、お知らせをいただいたので、近所の小学校に遊びに行きました。

小学校は今週から始まったのですね〜。
今年最初の読み聞かせの絵本に選んでもらって嬉しかったです。

 

 

この日の読み聞かせに集まったのは、一年生。
「みんなは“なに年”なの??」と聞くと、「うし〜〜!」「うし〜〜!」「うし〜〜!」の大合唱。「私はイヌ〜。」と、言ったら、「最後から2番目か」と、軽く流されてしまいました。「うしだって、最初から2番目じゃん。」と、言い返せなかったなあ。うう。

この日の学童保育での読み聞かせは、2人でされていました。
もう一人の方が選んで読んでいた絵本が、「十二支のおもちつき」に、とてもぴったり!だったので、ご紹介します。

「ねずみのすもう」
大川 悦生 (作), 梅田 俊作 (絵) ポプラ社
やせたねずみと、太ったねずみが相撲を取ります。やせたねずみは、お餅を食べて力をつけます。

「コッケモーモー!」
ジュリエット・ダラス=コンテ(作)アリソン・バートレット(絵)たなか あきこ(訳) 徳間書店
鳴き方を忘れちゃったニワトリ。
「コッケモーモー」「コッケガーガー」他の動物の鳴き声と、混ざっちゃています。

今年の年末の読み聞かせは、この3冊の組み合わせ。面白いんじゃないかなあ。
あ、来年は酉年じゃないんだ!

*********

昨年の12月末。  おかげさまで、「十二支のおもちつき」が3刷りになりました。
嬉しいなあ。ありがとうございます。
季節物の絵本なので、本屋さんでは、そろそろ鬼やお雛様の絵本と交代かな?
店頭にないときは、図書館で是非ご覧ください。
そしてまた今年の年末に、お願いいたします〜。

「十二支のおもちつき」
すとうあさえ さく/早川純子 え
童心社
定価1,296円 (本体1,200円+税)
2016年10月1日に刊行
ISBN:978-4-494-00778-3
NDC:913

出版社の童心社。お知らせのページはこちら

関連記事

  1. 絵本

    神話のえほん。挿絵のお渡しできた。

    台風ですね。あっという間に7月になってしまいました。先…

  2. 絵本

    日本の神話 古事記えほんシリーズ(小学館)原画展

    『日本の神話 古事記えほんシリーズ』(小学館)原画展2018年…

  3. 絵本

    紙芝居の挿絵。できた〜。

    最近の作業報告です。先日、紙芝居の挿絵が仕上がりました。…

  4. 絵本

    第三回児童ペン賞 贈呈式

    第三回児童ペン賞の授賞式と懇親会が、中野サンプラザでありました。…

  5. 絵本

    紙芝居

    4月の中頃から、連休まで、紙芝居の原画を仕上げていました。童心社さ…

  6. 絵本

    千葉の絵本屋。会留府(えるふ)さんサイン本イベントに 「十二支のおもちつき」(童心社)。

    千葉の絵本屋。会留府(えるふ)さん。12月1日は、41歳のお店のお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ほにゃほにゃ気まま日記

    ふわふわせかい こうじ菌
  2. グループ展

    [子どもとアーティストの森]4 素材にすこし手を加えてみる。_ruriro(川越…
  3. 絵本制作メモ

    紙芝居のたのしみ 秋にでる紙芝居の試し刷りができた。 
  4. 脳機能

    急に寝たきり状態になるんだなあ。
  5. ほにゃほにゃ気まま日記

    卒園と入学の間。保育サポーターして、これが小1の壁かあと感じたこと。
PAGE TOP