ワークショップ、講座

「葉っぱの見立てとフロッタージュ/豆本の舞台を作る」2019年後期 絵本ワークショップ_11回目

2019年度後期(10月~1月):日本工学院専門学校。グラフィッザイン科2年生の選択授業。<イラストレーション:絵本>の実習授業。自分のメモと反省もかねて、内容などを簡単にアップしています。

2019年12月12日の授業の流れ

  1. 絵本資料 _絵だけの絵本
  2. ワークショップ:葉っぱの見立てとフロッタージュ/豆本の舞台を作る
  3. 後半の絵本資料 早川原画(はやくちこぶた)
  4. 各自の絵本製作
  5. 豆本をならべてみる
  6. 反省
  7. これからの展開

絵本資料:1

最初絵だけの本をちょっとみてもらう。
<桜を見る>イメージの絵本。ちょうどタイムリーかなとも思い。

葉っぱワークショップ

ちょうど庭の葉っぱが紅葉できれいだったのを持って行った。
メグスリノキという樹皮を煎じると薬になる木みたいですね。

最初机に並べたら、せいとさんが本物か!と驚いてた。
100円ショップとかの造花と思ったらしい。
そんなことを感じたことが、こちらは新鮮だった。

葉っぱを見立てる


単純に一枚一枚好きな葉っぱを選んでもらって、即興で見立ててもらった。
葉っぱの大きさ、色味。形を見ていろんなイメージが出たのがおもしろかった。

生徒さんから出たイメージ。
これをまとめても、絵本になるなあと単純に思う。

メグスリノキ 紅葉が綺麗。

メグスリノキをつかって、フロッタージュしてもらう。

自分で選んだメグスリノキの葉っぱをコピー用紙にフロッタージュしてもらう。
それをつかって簡単に絵を描いてもらう。
何枚かの葉っぱを使ってフロッタージュしている生徒さんもいて面白かった。

箱型の入れ物で、前回の豆本のお家をつくる

15x15cmの紙をつかって、箱型の豆本の舞台をつくってもらう。
葉っぱをりようしたり、それぞれ豆本にぴったりの舞台をつくっていた。

今日の絵本資料:2

今回は自分の絵本の原画をみてもらう。
原画の大きさ。分量などを体感してもらうといいなあと、持って行った。
ちょうど描き始める絵本の紙を持って行って、教室で切ったりもした。

大きな紙から使用する大きさに、画用紙を切って使用することが、生徒さんはこあまりないのかなあ?と感じたから。
規格のサイズの紙を購入することが多いのだろうなと思ったので。
生徒さんが製作をしているのかたわら、教室で紙を切る作業をしました。
みんな各自自分の作業をしているので、意識して見ていた人はほとんどいないと思いますが。

後半は、自分の絵本の計画。製作をすすめてもらう。
一人一人に今の計画を聞く。

最後、豆本をならべてみました。
もうきちんと鑑賞できる状況にできたらいいなあと感じる。

蒲田にある日本工学院専門学校。

グラフィックデザイン科の2年生の後期/選択授業の一つ。
イラストレーション(絵本)の授業を2017年から担当しています。
自分のメモもかねて、授業内容を簡単にアップしています。

この授業は10月から1月までの全15回。
2コマ/約三時間の実習です。

毎回簡単なワークショップ。絵本の紹介など。
後半から各自で絵本、または連続したイラスト製作をする時間を増やす。
最後にまとめた形で作品を提出してもらいます。


「絵本作家になる!」のが目的の授業ではありません。
絵を描くのが好きな生徒が選択することが多いのかな?と、感じています。
そのため授業を通して、いろんな素材、表現方法を体験してもらう。
そして今後の作品作りや仕事の見方に少しでも役立ってくれる内容になるといいなあと考えています。

早川純子【HAYAKAWA, junko】版画家:絵本作家

東京生まれ  
多摩美術大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしています。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、 「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、 「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など多数。
現在2020年春刊行予定の絵本を製作中。

************
こんにちは。このブログ記事を見ていただきありがとうございます。
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する版画や、絵本を作っています。
鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。
頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けながら作品をつくり、 それがどんどん世界につながっていく。そして新しい出会いにつながり、またワクワクな作品を作っていけたらと考えています。
のんびりよろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Homepage】 https://www.hayakawajunko.com
【blog】 https://www.sikatuno.net
【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いかも。 https://twitter.com/sikatunohanga
【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。ここサボってます。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa

関連記事

  1. ワークショップ、講座

    マッチ箱型だけじゃない「はこ絵本」(2):絵本ワークショップ5回目

    2019年度前期:5月22日 日本工学院専門学校。グラフィッザイン科…

  2. ワークショップ、講座

    豆本の紙を切る_2019年後期 絵本ワークショップ6回目

    2019年度後期(10月~1月):日本工学院専門学校。グラフィッザイ…

  3. ワークショップ、講座

    モノタイプの版画を楽しむ

    気まま落書きしてきた、Drawing liveも16日目。とりあえず…

  4. ワークショップ、講座

    読み聞かせと、絵本の挿絵を描くことの共通点って りぷりんとフレンズ・としまでのお話会

    7月に絵本の読み聞かせの会の研修会で、お話をさせていただきました。…

  5. ワークショップ、講座

    ステンシルをためす

    気まま落書き/Drawing live_12 ステンシルをためす T…

  6. ワークショップ、講座

    「おべんとう絵本」と「くみあわせ絵本」2019年後期 絵本ワークショップ2回目

    2019年度後期(10月~1月):日本工学院専門学校。グラフィッザイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 絵本制作メモ My picture book production process

    2020年刊行予定の絵本。「はやくちこぶた」(瑞雲舎)の姉妹編?のラフを作ってい…
  2. SEEDS OF MEMORY-2017

    日常 NOSEEDS OF MEMORY 36
  3. グループ展

    ポルトガルでツバキの版画展。樹からの再生 -400年椿の木口木版画展 ̵…
  4. SEEDS OF MEMORY-2017

    パパイヤ長者 SEEDS OF MEMORY:28
  5. ワークショップ、講座

    和紙をちぎって形をとりだす。気まま落書き/Drawing live_23
PAGE TOP