ほにゃほにゃ気まま日記

MacBook Pro(13inch mid 2010)に、新しいバッテリーいれました。古いバッテリーを固定していたネジは、また使います。

先週発熱して、熱も下がりました。
でも、まだちょっと動いただけで、疲れて眠くなり。。。ます。
仕事にならないので、秋葉原に。古いパソコンに、バッテリーを入れてきました。

いろんな所に、一緒に旅してくれた、古いノートパソコンくん。
MacBook Pro(13inch mid 2010)は、2011年だったかな。購入しました。

新しいパソコンを購入しているのですが、今でも、このノートパソコンは、スキャナを使う時に、時々使っています。
また、新しいノートパソコンでは、ひらけない住所録ソフトや、フォトショップやイラストレーターを使う時など。
あ、あとこのパソコンは、dvdドライブが付いているし。

でも、2017年の頭ごろだったかなあ、、、。
バッテリーがお餅のように、プク〜と膨らんでしまいました。
カタカタ本体がぐらつくので、膨らんでいたのに気づきました。
膨らんでいるのに気づいた時は、怖かった〜〜。
パソコンを購入してから、一度も交換していなかったので、長い間よく働いてくれてたんだな。

もう古い機種だったため、Appleではバッテリー部品がありませんでした。
膨らんだバッテリーだけ抜いてもらい、その時以来、電源アダプタで使っていました。
その時に、バッテリーのありがたさを感じました。
電源アダプタでパソコンを使っていると、アダプタが本体から抜けると、ぷつん!
と、電源が落ちてしまうので、すごい使いにくい。

このノートパソコン用の電源アダプタは、本体からすぐに取れるように設計されているそうです。
(コードに足とかが引っかかった時に、アダプタがすぐ本体から取れるので、パソコンが机の上から、落ちたりしないため。)
そのためめちゃくちゃハラハラして、使っていました。

写真は、膨らんだバッテリーくん。
とりあえず、今まで持ってました。

↑秋葉原で、入れてもらった新しいパッテリーの箱。
お値段は、7000円くらい。

ドライバーも付属してました。
普通の人は、自分で手軽に取り付けできるんだろうな。
バッテリーの取り付け方も、検索すると、詳しい方が説明されているページがたくさんありました。
でも、私はバッテリーの取り付けに自信がなかったので、お店の人に取り付けてもらいました。
取り付け料が3000円くらい。
本体と取り付け料の合計で、1万円ちょいかかりました。
(あと交通費〜か。)

取り付けの時に、前のバッテリーを固定していたネジが、必要でした。
(小さいネジ2つ)

私はこれを忘れて、お店に行ってしまいました。
そのためネジを取りに家に戻って、もう一度お店に行くことになりました。
取り付けを頼む人は、ネジを忘れずに〜。(ネジ捨てないように、ご注意を〜。)

古いバッテリーは、リサイクルボックスに入れてきました。
私は家から近い、池袋のビックカメラのリサイクルボックスに。
(池袋のビックカメラ本店の、一階にあります。)
いままでありがとう〜。

新しいバッテリーが入った、古いパソコンくんは、かなり重く感じました。
前もこんなだったのかなあ。。。

下記動画は、バッテリーを取り付けたパソコンくんを紹介している内容です。
『ノートパソコンMacBook Pro(13inch mid 2010)のバッテリーを、交換しました。
取り付け時には、ネジを忘れずに〜。【鹿角版画 早川純子】』

関連記事

  1. おもしろ情報

    芸大の卒展 ことはあいこさん

    2年前。インドネシア滞在時に出会った、若い作家さんの、…

  2. ほにゃほにゃ気まま日記

    父親*退院しました。高次脳機能障害

    昨日、父親退院しました。父の知り合いの方が、見てるかもしれませ…

  3. ほにゃほにゃ気まま日記

    勝浦〜大阪〜神戸 コバンザメ旅行 その3 (最終日)

    那智の滝を見て、ぐるっと神戸まで行き、ワヤン見て帰る!という、小旅行。…

  4. ほにゃほにゃ気まま日記

    ひな祭りのスムージー

    ひな祭りのスムージー。この日の、スムージーの中身は、りんごと人参と…

  5. ほにゃほにゃ気まま日記

    豆まき 升の歌。

    豆まき。節分。なんか2月にはいって、やっと新年だなあって思い升。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. WEB

    ログインできない! そのときはここだ。自分へのメモ
  2. 掲載記事

    妖怪雑誌 怪(kwai) 0052号の怪ブックガイドのページで、絵本「国づくりの…
  3. 掲載記事

    『絵本作家61人のアトリエと道具』(玄光社)に、掲載されました。
  4. ほにゃほにゃ気まま日記

    甥っ子とあそぶ。
  5. SEEDS OF MEMORY-2017

    オープン前日のギャラリー  seeds-of-memory 04_2
PAGE TOP