ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

カエルの絵本 よみきかせでも面白い

「ヒキガエルがいく」パク ジォンチェ作 翻訳 申明浩/ 広松由希子
岩波書店

ヒキガエル。
私が住んでいる家の周りでも、雨上がりや、小雨の夜。
歩道でのそのそ歩いている姿をよく見かけるので、めっちゃ親近感がある。
駅近くの住宅地で、池など近くにないけれど、暖かくなって出て来た姿を見ると、春になるんだなあと思う。

車にひかれた姿も時々見かけるので、歩道を歩いている姿を見つけるとハラハラしてしまう。

「ガマガエルがいく!」の著者パク ジォンチェさんが来日していて、翻訳の申明浩さん、 広松由希子さんのトークイベントが韓国のブックカフェ/チェッコリ(神保町)であると知り行ってみた。(2019年7月24日水曜日)

パクさんの太鼓を使っての読み聞かせが、滅入っている気持ちを元気にしてくれた。トン。

著者パク ジォンチェさんの絵本のラフスケッチや、出来上がるまでの制作過程もやっぱりそうだよねえと思いながら聞いていて興味深かった。
また、2014年のセウォル号の沈没事故が、この絵本を描かれた背景だと知る。

現在、うらわ美術館(埼玉県)で 「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」が開催中。
「 ヒキガエルいく!」の原画も展示中なので、会期中見にいきたいな。

特集展示の、<いま気になる絵本の国>の展示も気になるな。
いま絵本で勢いがあるのが。中国、イラン、イスラエル、韓国 だそうです。

チェッコリでのトークでも、広松由希子さんがたくさんの絵本資料を並べて話してくれて興味深かった。

申明浩さんの韓国の絵本事情も聞いていて面白かった。
話されていた内容が「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」の図録にも載っているそうなので、読んでみようと思う。

関連記事

  1. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    そばアレルギーの大晦日

    ソバアレルギーなので、大晦日は家では、私だけ毎年うどんかラーメンです…

  2. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    秋のグループ展の打ち合わせ

    5月末に、グループ展の打ち合わせがありました。キラキラする素材を使っ…

  3. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    張子のお面をかぶる。カンボジアの仮面劇。

    東京外国語大学の<東アジアの音楽と芸能を知ろう 2>という連続講座を…

  4. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    年賀状、また年末から年明けのお手紙。ありがとうございました。

    1月も半分。早いなあ。今年もたくさんの年賀状、またお手紙をいただき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ワークショップ、講座

    「ガムテープ版画」「豆本のつづき」2019年後期 絵本ワークショップ_10回目
  2. おもしろ情報

    東京で楽しむ夜のジャワ。ガムラン、ワヤンや人形劇。『ムジカーザでガムラン2019…
  3. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    卒園と入学の間。保育サポーターして、これが小1の壁かあと感じたこと。
  4. 旅日記

    勝浦〜大阪〜神戸 コバンザメ旅行 その2 
  5. 掲載記事

    『絵本作家61人のアトリエと道具』(玄光社)に、掲載されました。
PAGE TOP