絵本制作メモ My picture book production process

紙芝居のたのしみ 秋にでる紙芝居の試し刷りができた。 

紙芝居の試し刷りができたので、
週末遊びに来た甥っ子師匠に見てもらう。

演じていると、話の最後が気になったらしく、
「いいから見せて。」と、私から紙芝居を奪って後ろを向いて内容を確認した。(試し刷りなので、裏面にはまだ文章は入っていません。まだ読めないし。)

絵を確認すると、「なるほどね〜。」と一言。
続きを読ませてくれました。

その後、「次、読む!」と、2回続けてアドリブで読んでくれました。

また順番をバラバラにしてお話を作っていたなあ。
紙芝居って、1冊に綴じていないので絵本とは別の楽しみ方ができて面白い。

保育園でも紙芝居は楽しんでいるようで、先生の真似をしてみたいようです。

秋にでる紙芝居は童心社から。
2019年度定期刊行紙しばい「ともだちだいすきシリーズ」
『おれがいちばん かけあしオオカミ』
内田麟太郎 脚本/早川純子 絵  

出版社のお知らせページ


写真は紙芝居のラフと試しに描いたもの

昨日、アーサー・ビナードさんの紙芝居。
「ちっちゃい こえ」についてのインタビューがラジオで流れていました。
興味深く聞くことができました。

8月6日(火)22:05〜22:55
放送局:NHKラジオ第一放送
番組名:命の響きに耳を澄ませば〜”原爆の図”から生まれた紙芝居〜

この番組の聞き逃し放送がないみたいのが残念。

童心社では、出版社に作家や絵描きが集まって(編集者も。)、
園児と一緒に紙芝居を鑑賞する会があり数年前私も参加しました。
その時にアーサー・ビナードさんが「ちっちゃい こえ」を作っている話しを
されているのを聞きました。
試作をたくさん作っているけど、なかなかできないお話。
あれが今年できたんだなと。

ラジオを聞いてまた新しい目で見返してみようかなと思いました。

紙芝居「ちっちゃい こえ」
アーサー・ビナード 脚本/丸木 俊・丸木 位里 絵/「原爆の図」より
出版社の紹介ページ



[子どもとアーティストの森]1:素材作りのこどもワークショップ/子どもたちの絵の具遊びを素材にして、アーティストが作品を作って展示する。_ruriro(川越市)前のページ

セミと猫次のページ

関連記事

  1. 絵本制作メモ My picture book production process

    絵本の取材で秋田に行く。

    2020年の後半に出版予定の絵本の取材。先週、絵本の取材で秋…

  2. 絵本制作メモ My picture book production process

    作業場日記

    仕事場。押入れを机に利用してつかっています。スタンドの熱などで、だん…

  3. 絵本制作メモ My picture book production process

    伝統行事の挿絵絵本

    伝統行事がテーマの絵本の挿絵を現在製作中です。今回は板目木版で作って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SEEDS OF MEMORY-2017

    オープン前日のギャラリー  seeds-of-memory 04_2
  2. 小さいひと

    セミと猫
  3. 小さいひと

    甥っ子とあそぶ。
  4. しかつの活動

    COVID-2019メモ03 2020年3月24日 火曜日はれ
  5. ワークショップ、講座

    自分を宣伝「プレゼンえほん」:絵本ワークショップ6回目
PAGE TOP