絵本制作メモ My picture book production process

<オオカミの話し> 粘土で絵本の舞台作り_2

ちょっとずつ試してみる。
100円ショップで紙粘土を買ってきて、今回出てくる建物などの小物を作った。

動画_1
登場人物が移動する道を再考しながら描き込んでいく様子。
また周りの地形も考えたいので、すこし舞台を広げてて絵の具を塗っています。

動画_2

ラフをもう一度見直して修正しながら書き込む。
時間ないときに、何やっているのかと思いつつ。。。

以前絵本の絵を描いているときは、絵の具をぺたぺた塗りかさねていってた。
何層にも修正しながら描き直して重なった絵の具。
今ラフでグズグズしているのですが、同じことしているのかも。と思った。

画面の中で描き込んだ方が、絵本に深みがでるのだろうか?
それとも描く前にぐるぐるしてから、すっと描いたほうが読みやすいのかなあ。

前回の絵本(はやくちこぶた)では、絵の具の濁りが気になっていた。
あと絵の具のぺたぺたさ。
今回はそんなことがあまりないように、と思ってたのですが。
うーむ。どっちがよかったのか。


早川純子【HAYAKAWA, junko】版画家:絵本作家

鹿角版画室 :ひっくりかえる版画の世界を探索しに東京にうまれる。
多摩美術大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしています。
主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「はやくちこぶた」(瑞雲舎)、 「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、 「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など多数。
************
こんにちは。このブログ記事を見ていただきありがとうございます。
私はうさぎや鹿など、ちょっと変わった生き物が登場する版画や、絵本を作っています。
鹿角版画の《鹿角;しかつの》は、鹿のツノをアンテナに見立てて、名付けました。
頭につけたアンテナで、ワクワクのタネを受けながら作品をつくり、 それがどんどん世界につながっていく。そして新しい出会いにつながり、またワクワクな作品を作っていけたらと考えています。
のんびりよろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Homepage】 https://www.hayakawajunko.com
【blog】 https://www.sikatuno.net
【twitter】:新月と満月の時に、呟くことが多いかも。 https://twitter.com/sikatunohanga
【instagram】;顔を作って遊んでいます。明るい気持ちになってくれると嬉しいな。ここサボってます。
https://www.instagram.com/junko_hayakawa
[you tube]
https://www.youtube.com/channel/UC14ObQIU6m2Ccsuc1FlfTLg
その日の誕生日を祝っての、drawing live。また絵本の作業中の動画をのんびりアップしています。

<オオカミの話し> 粘土で絵本の舞台作り前のページ

節分で食べる豆の数 5才の10倍は50才か。次のページ

関連記事

  1. 絵本制作メモ My picture book production process

    「はやくちこぶた」の続編の絵本制作メモ

    絵本「はやくちこぶた」(瑞雲舎)の続編。「おおかみのはなし」(仮)を…

  2. 絵本 picturebook

    紙芝居の挿絵。できた〜。

    最近の作業報告です。先日、紙芝居の挿絵が仕上がりました。…

  3. 絵本制作メモ My picture book production process

    絵本「おおかみのはなし」校了しました。

    7月の中旬。絵本「おおかみのはなし」の原画を描き終わりました。その後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    あたらしい2018年のメモ手帳
  2. グループ展

    [子どもとアーティストの森]8 展示の作品の紹介を少し。_ruriro(川越市)…
  3. ワークショップ、講座

    後期授業が始まった。
  4. 掲載記事

    「は」でなんども笑える?絵本「おおかみのはなし」
  5. 小さいひと

    ガマガエルが、出てきたよ。うごうご。啓蟄
PAGE TOP