絵本 picturebook

木版画の絵本「なまはげ」秋田県男鹿市の伝統行事<なまはげ>のほんとうの姿とは?

絵本「なまはげ」(汐文社_ちょうぶんしゃ)が、できました。
見本が出版社から届き、本の形になったのをみて、ほっとしました〜。
2020年12月20日前後から、書店で並び始めるかと。
もし見かけましたらめくってみてください。

この絵本の物語を書いたのは、池田まき子さん。
秋田県で生まれ、30年オーストラリアに在住。
その後、秋田に仕事の拠点を移されました。小・中学生のノンフェイクションを主に書かれています。
代表作に同じく秋田がテーマの作品があります。
「クニマスがいきていた」(池田まき子著 汐文社)

私が昨年取材で秋田に行った時、男鹿を案内してくれました。
(関連記事_絵本の取材で秋田に行く。2019.11.17)

なまはげの由来の絵本

<なまはげ>というと、すぐうかぶのは、このイメージ。
なまはげのアイコンとして、秋田でもこのイメージは生かされています。

なまはげは、秋田県男鹿半島の伝統行事。
大晦日に、山から、なまはげがやってきます。
なまはげの由来はいくつかありますが、この絵本では
漢の武帝が鬼をひきつれて、 不老長寿の薬を探しにくる伝説を元にしています。

文章のボリュームがあるので、絵本では物足りない。
もう少し手応えのあるお話を読みたい!という小さい師匠達にオススメです。

絵本の最初のページ。
王様が波のような、雲にのって、男鹿に降り立つイメージで作りました。
ページめくりの関係で、日本をひっくり返しています。北海道が下向き。
男鹿半島もひっくり返っています。ちょっとびっくりしている顔に見える?ので、密かに面白いなあと気に入っています。

絵本の赤と青のなまはげ面の表紙。(なまはげは鬼ではないそうです。)
実は、、、本当の?なまはげの姿を全て表現してはいません。
なぜなら、これは<なまはげ>に縁がない
私のような、東京に住んでいる人間が イメージする<なまはげ像>なのです。
ジャジャーン。

では実際のなまはげの姿とは?
ここら辺は、絵本の最後の解説ページに 詳しく書かれていますぞ。

絵本の見返しには、いろいろななまはげの面の姿を彫りました。
早川が2019年に男鹿に取材に行った時に、男鹿のなまはげ館でスケッチした
なまはげの面を元に彫っています。

この読み物の絵本「なまはげ」は、 今月16日に発売予定です。
12月21日の週には書店に並び始めるのかな?
絵本のチラシを下の方に添付します。
ISBN出版者記号がついていますので、 お近くの書店でのご注文にお使いください。ISBN 978-4-8113-2821-8


なまはげに興味が出てきたら、こちらの絵本がおすすめ。

「なまはげ 秋田.男鹿のくらしをまもる神の行事」 (著:小賀野実 ポプラ社)

なまはげに興味が出てきたら、こちらの絵本が おすすめ。
行事の様子。行事の準備の様子。 なまはげ面の種類など。
たくさんの写真で構成されています。
「なまはげ 秋田.男鹿のくらしをまもる神の行事」 (著:小賀野実 ポプラ社)

なまはげの赤と青のなまはげ面のイメージを広めたのは、面の彫り師の方。
独自に赤と青の鬼の姿にまとめあげて、なまはげのイメージを全国に広めました。
なまはげの真の姿は~。
と、書いたものの、この造形力。やっぱりすごいなあと思うのです。
詳しくは、ポプラ社の絵本「なまはげ」に、彫り師の方や実際の面も紹介されています。


絵本のチラシです。書店の注文などにおつかいください〜。

絵本のチラシです。本の注文にお使いください。
ISBN 978-4-8113-2821-8

関連記事

関連記事

  1. 絵本 picturebook

    絵本「おおかみのはなし 」(はやかわじゅんこ/さく 瑞雲舎)が10月1日刊行されました。

    10月の頭に絵本「おおかみのはなし」(瑞雲舎)が刊行されました。完成…

  2. 絵本 picturebook

    紙芝居の挿絵。できた〜。

    最近の作業報告です。先日、紙芝居の挿絵が仕上がりました。…

  3. 絵本 picturebook

    紙芝居『おれがいちばん かけあしオオカミ』 脚本:内田麟太郎さん 童心社から …

    挿絵を担当した紙芝居ができました。 『おれがいちばん かけあしオオカ…

  4. 絵本 picturebook

    菌の絵本 こうじ菌(著/監修:北垣浩志 
 早川純子:絵 農文協)の紹介

    菌の絵本 こうじ菌ができました〜。本屋さんや、図書館で見かけました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 旅日記

    勝浦〜大阪〜神戸 コバンザメ旅行 その1 
  2. イラストレーション、装幀、挿絵

    母の友 3月号「お母さんのおなら」沖縄宮古島の昔話 頭木弘樹:再話 早川純子:…
  3. ワークショップ、講座

    画用紙を切って、型紙にする。柔らかい鉛筆でこすり出して楽しもう
  4. 掲載記事

    「NHK World-Japan」ラジオ・ジャパン インドネシア語放送の取材。絵…
  5. ワークショップ、講座

    10連休なので、「10レンキュウ絵本」を作ろう:絵本ワークショップ2回目
PAGE TOP