絵本 picturebook

十二支のねずみが主役?の絵本。おじいさんと、おばあさんとお餅つき。お雑煮もでてくる、もりもり正月絵本

2020年。お正月も3日目。 ねずみ年の新しいスタートです。

「十二支のおもちつき」 (すとうあさえ:作 早川純子:絵/童心社)
お餅を食べながら、いかがでしょうか?

この絵本は、な、なんと!
ねずみが、十二支のリーダー役として登場します。

ねずみがリーダー役で登場するのです。

十二支の由来では、牛に乗って一番最初に神様の前に出るネズミ。
ちゃっかりさんのイメージがある、十二支のネズミ。

ですが、この絵本では、十二支のリーダー。主役級な存在として登場するのです!

すとうあさえさんの「十二支のおもちつき」のねずみ。
おじいさんと、おばあさんから、やさしくしてもらう所から、お話がはじまります。

ねずみが帰った翌日。
お餅つきの準備をしているおじいさん。おばあさん。
そこに、恩返しをするために、仲間の十二支をひきつれて、ネズミが来ます。

そして十二支のみんなで、おじいさんとおばあさんのお手伝い。
お餅をつきます。
さすが十二支。彼らが持っている金色の杵。銀色の杵でお餅をつくとなんと!

臼がどんどん大きくなり、お餅もどんどん増えていきます。

ちいさいねずみは、お餅つきがうまく進むようにみんなを取りまとめます。
お餅を丸めるときは、餅粉をふりかけ、みんなの作業をテキパキと支えるのです。
できる!ねずみくん。

まるもちで絵本の世界を作ってみたよ

年末、母方のおじさんから、まるもちをたくさんいただきました。
(関西では丸もちが主流なのですね。)
絵本のなかで、鏡餅がずらーと並んでいる場面を再現してみました。

保存するため、冷凍庫にいれていました。
撮影してたら氷が周りに。。。なんか雪見だいふくみたいになってしまった。

絵本では、おじいさん。おばあさん。
たくさんできた鏡餅をみんなに配り、幸せなお正月を迎えるのです。

いい一年になりますように。ほっこりする絵本の紹介でした。

3年前にでた絵本。
「十二支のおもちつき」 (すとうあさえ:作 早川純子:絵/童心社)

まだ本屋さんで手に入ります。
お近くの本屋さん。
図書館などで見ていただけると嬉しいです。
出版社の『十二支のおもちつき』の紹介ページ

上の記事を書いていたら、雪見だいふくが食べたくなって買って来ちゃいました。雪見だいふくの鏡餅。

雪見だいふくで鏡餅。

雪見だいふく。。。久しぶりにたべました。
こんなに小さかったっけ。。。
半分の大きさになっている。ふうう。。。

ゆきみだいふくの鏡餅。
バランス悪いなあ。。

関連記事

  1. 絵本 picturebook

    菌の絵本 こうじ菌(著/監修:北垣浩志 
 早川純子:絵 農文協)の紹介

    菌の絵本 こうじ菌ができました〜。本屋さんや、図書館で見かけました…

  2. 絵本 picturebook

    紙芝居の挿絵。できた〜。

    最近の作業報告です。先日、紙芝居の挿絵が仕上がりました。…

  3. 絵本 picturebook

    紙芝居『おれがいちばん かけあしオオカミ』 脚本:内田麟太郎さん 童心社から …

    挿絵を担当した紙芝居ができました。 『おれがいちばん かけあしオオカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. しかつの活動

    COVID-2019メモ22 2020年3月5日(木)晴
  2. SEEDS OF MEMORY-2017

    オープン前日のギャラリー  seeds-of-memory 04_2
  3. 展示情報

    鹿角版画:2019年〜2020年 早川純子のお知らせ
  4. ワークショップ、講座

    マッチ箱型だけじゃない「はこ絵本」(2):絵本ワークショップ5回目
  5. 版画 printmaking

    安い彫刻刀と、高い彫刻刀の違い。どっちがいいの?
PAGE TOP