ワークショップ、講座

絵本の種をつくる_その1

3週間で絵本を作る。

三週間の短期授業がはじまりました。
私が学校に行くのは、三週間のうち、4回です。最後の日は発表なので、実質3回。

学生さんは、3つの授業から、興味あるものを選択します。

私が担当する授業は、三週間で絵本を作る内容です。
昨年も同じ授業が どんぐりの時期にありました。

絵本をつくる期間としては、三週間はめっちゃ短いと思う。
そのため、今後絵本を作る時の、<種>になるものを作ってくれたらなあと思っています。

また、自分のこれからの制作のヒントとかを 見つけてもらえたらうれしいな。

10見開き以上のボリュームで、自分の好きな形の絵本を最後に提出してもらいます。
(絵本の形は自由。絵本の形にする場合は、ホチキスどめなどでとじてもらう。)

どんなものが出来上がるか、三週間後がたのしみです。

毎回、荷物がおおいです。

午前中の授業のため、朝早く出発。

展示の搬入の時もそうですが。授業の時は毎回大荷物になってしまいます。
事前に送ればいいのですが、毎回なにを持っていこうかなあと、悩みます。
今回も前日に、荷造り。

悩んだ末、紙芝居も持っていきました。
最近の展示で、作った紙芝居です。
紙芝居の舞台をダンボールでつくっているので、軽くて便利だった。

毎回、きんちょうするなあ。

初回は、毎回緊張します。
学校も、アトリエも。道具の置き場所など。
(他人のおうちに初めていって、そこの台所を使う感じ?)

午前中の授業なので、朝早めにいって、学校の中庭でおにぎりを食べてから、
研究室に挨拶に行く。

教室に行って、自分の荷物を机に並べていくうちに、なんとなく落ち着いてきます。


初回は、簡単版画でのミニ絵本を作り。

学生さんたちに挨拶。
まずは、自分の絵本を読み聞かせした。
次に紙芝居「カラーかさのからかさくん」を見てもらう。

絵本と紙芝居の表現の違いを感じてもらえたらと、今回、最初に紹介しました。

簡単版画で、描く。

その後、夏に<きんだあらんど>でのワークショップで試した、簡単版画でのミニ絵本をつくりました。

紙の真ん中をちぎって、簡単な<版>を作る。
今回の授業の学生さんは、版画を選択している人たちなので、より身近に感じてもらえたかな。

A3サイズのコピー用紙でまずは制作してもらった。

蜜蝋クレヨンの他、カラーダーマトグラフ、ポスカなども使用。
30分くらいで、いいかなとおもったら、意外にみんな熱心に作る。

簡単版画で、自己紹介絵本をつくる

その後、色紙を好きな形に切って、マスキングテープをはったり、貼ったり。
紙版をつくって、自己紹介絵本をつくってもらう。
見本では、顔の形にしたけれど、自分の好きなものでもいいよ〜と、声がけした。

車や、アクセサリーなどの形でもいいなど。

自己紹介かんたん絵本。
今回は紙版がで作ってもらう

思った以上に、面白がって作業をしていた。
それぞれ画材を使いこなしている。
また表現が多彩なところが面白かった。

自己紹介のかんたん絵本も、開き方を変えたりと、それぞれ工夫していた。

1時間くらい作業していたかなあ。。。できた後、軽く発表してもらう。



手作りの絵本と、商業的な絵本の違い。

絵本のことを少し話す。

*手作りの絵本は、個人的な相手に、好きな内容。形。
またページ数を自分で自由に決めて作ることができる。

*商業的な絵本は、チームで作ること。
売ることが前提なので、あらかじめ形が決まってくることなど。

とは言っても、明確に分けることはできないけれど。

豆本をつくろう。

授業後半は、豆本をつくってもらう。
なんとなく、絵本のボリュームがわかることと、最後に提出する絵本の素材にもなるから。

今週は中身。来週は、カバーを作る予定。

中身の紙は、版画の刷り損じを使っても楽しい。

今回授業で持っていった絵本の一部。
作業合間に手に取ってみてもらったりした。
7月に長岡造形大学での授業で使った、串で作った人形などが役に立った。

学生さんは、作業の合間に、他の持ってきた絵本を眺めていた。
絵に版画をつかったものを やや多めにもっていった。

また、赤ちゃん絵本など、ページ数が少ないもの。
文字があまりないもの。
写真の絵本など。

あ、あと自分の絵本も持っていきました。

1回目は、無事終了。

来週までにやること。
*豆本の中身をつくってくる。
*また、自分の作りたい絵本を考えてくる感じ。
*もうかけちゃう人は、どんどん作ってくる。

生徒さんは、午後の授業の課題もあるので、大変だと思う。


学食ははずせない

ほっと一息。お昼ご飯は学食。
学校に行った時、学食を食べるのが楽しみの一つ。

カツカレーか、唐揚げカレーか迷ったが、今日は唐揚げカレー。
ここの学校はちょっと甘いカレー。

学食の横のホールでは、3年生の油画の作品がたくさん飾られていました。コンクールだったのかな?

眠っている顔にしたけれど、見えるかな。

玉川上水の長い長い道。
どんぐりが落ちていないか、下を見ながらガラガラ旅行鞄を引いて歩いて行く。
あまり落ちていなったのが残念。


この大学に来たのは一年ぶり。
やっぱりちょっと驚いたのは、みんな屋外でもマスクをしていること。
広場があって、校舎がいろいろ立っていてるのだけれど、屋外でもマスクしている人がほとんどだったなあ。

また、この玉川上水を歩いている人も、ほとんどマスクをしていたのが印象的だった。
屋外で気持ちのいい天気だったのになあ。

さて、来週は何持っていこうかなあ。


昨年も担当した、短期授業。
自分の忘備録として、簡単にまとめています。

武蔵野美術大学 版画専攻3年生 選択授業の短期授業を担当しました。
午前中の三週間で、絵本を作る授業です。
(この期間、学生さんは、3つの授業から、興味あるものを一つ選択します。私は特別講師でこの期間だけ。)

私が学校に行くのは、三週間のうち、4回。
4回目の最後の日は、作ったものの発表もふくめるので、実質3回の実習です。

絵本をつくる期間としては、三週間はめっちゃ短いと、思う。
また学生さんたちは、午後の時間は別の課題の作品をつくっている。

そのため、この機会に、今後絵本を作る時の、<種>になるものを作ってくれたらなあ〜と、思っています。
また、自分のこれからの制作のヒントとかを 見つけてもらえたらうれしいな。

10見開き以上のボリュームで、自分の好きな形の絵本を最後に提出してもらいます。
(絵本の形は自由。絵本の形にする場合は、ホチキスどめなどでとじてもらう。)

どんなものが出来上がるか、たのしみです。

子どもとアーティストの森 2022 「 晴れ、ときどき曇り、のち雨 」での、紙芝居『カラーかさの からかさくん』_その2前のページ

絵本の種をつくる_その2次のページ

関連記事

  1. ワークショップ、講座

    絵本を作る_チームで作り上げる作業過程

    絵本を作る_絵描からみた チームで作り上げる作業過程絵描き、…

  2. ワークショップ、講座

    「なんにみえるかな」と「自己紹介絵本」:2019年後期 絵本ワークショップ1回目

    2019年度後期(10月〜1月):日本工学院専門学校。グラフィッザイ…

  3. ワークショップ、講座

    「ガムテープ版画」「豆本のつづき」2019年後期 絵本ワークショップ_10回目

    2019年度後期(10月~1月):日本工学院専門学校。グラフィッザイ…

  4. ワークショップ、講座

    自分を宣伝「プレゼンえほん」:絵本ワークショップ6回目

    019年度前期:5月29日 日本工学院専門学校。グラフィッザイン科3…

  5. ワークショップ、講座

    後期授業が始まった。

    蒲田での授業。後期が始まりました。数年前から、日本工学院専門学校での…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    そばアレルギーの大晦日
  2. イラストレーション、装幀、挿絵

    母の友 3月号「お母さんのおなら」沖縄宮古島の昔話 頭木弘樹:再話 早川純子:…
  3. 掲載記事

    『絵本作家61人のアトリエと道具』(玄光社)に、掲載されました。
  4. グループ展

    子どもの<絵の具遊びの素材>を元に、作家が作品を作る。「子どもとアーティストの森…
  5. 絵本制作メモ My picture book production process

    絵本「はやくちこぶた」(瑞雲舎)の姉妹編のラフを描いています。 その2
PAGE TOP