グループ展

子どもとアーティストの森 2022 「 晴れ、ときどき曇り、のち雨 」での、紙芝居『カラーかさの からかさくん』_その2

川越市のギャラリー、art space ruriroでの展示。
<子どもとアーティストの森 >今回のテーマは、お天気。光です。

ギャラリーのフェイスブックページはこちら。
https://www.facebook.com/ruriro2018

<子どもとアーティストの森>は、2019年からの続いている企画の展示です。

展示の前には、夏休みに毎回、art space ruriroで、こどものワークショップをおこないます。
ワークショップの講師は、手島まゆ子さん。

展示に参加する作家も、ワークショップを手伝ったり、見学したりします。
後日、そのワークショップで、うまれた色紙や素材のかけらを見たり、触ったり。
そして、こどもたちのワークショップの映像を見て、作家がそれぞれ、触発された作品を作り、展示する内容です。


2022年のワークショップは、<光と天気>がテーマでした。


私は今回の、ワークショップの内容や、映像や出来上がったものを見て、紙芝居を作りたくなり、制作しました。
とは言っても、紙芝居。
すぐいい感じには出来上がりません。
会期中、実際に紙芝居の実験をしつつ、中身をブラッシュアップ。

9月23日に、1回目の実験を行いました。その報告記事です。

次は25日の日曜日に実験予定です。
13時から一回。その後は成り行きで〜。

紙芝居実験。一回目

お客さんは来るかしら?と心配していましたが、ちょうど出品作家たち。
また親子連れの方がみえて、いい感じで一回目の紙芝居をすることができました。
ありがとうございました!

どきどきするな〜。舞台の準備。

小さい子がいたので、紙芝居が終わった後、色のついた卵ケースに、顔描く簡単な工作も行いました。
この卵ケースは、夏のワークショップで絵の具ざらとして、使われたものの残り。
ひっくり返すと、傘みたいだなあ〜と、事前にハサミで切ったものを用意していました。
何個か、紙芝居ケースの上に置いたりと。

表面に凸凹があるため、油性ペンではなかなか上手く描けなかったため、
マスキングテープに顔を描いて、貼り付ける方法をとっています。

紙芝居の舞台の上に、ちょこんと載せました。

紙芝居の舞台は、夏のワークショップで使った、段ボールを使用。(絵の具のにじみが面白い。)
強度を出すために、柿渋を塗っています。
紙芝居の舞台は、前から欲しくて、図書館などで借りたりしていたのですが、これをもっと丈夫にしても、しばらくは使えるかも。

紙芝居の実験後の作業

違和感があった文章を変更。、ずらしたり。 色をつけたりと、ちょっと進化させました。

夏のワークショプで使った傘の絵の具で色を付けた。

今回夏のワークショップのおまけで、こどもたちはビニール傘に色をつけて遊びました。
ビニール傘用の絵の具。色のシール(カッティングシート)などで。

絵の具の残りがあったので、それを拝借。
後半、色が必要なとこに色付けを作業をしました。
筆はなかったので、指でぺたぺたと。

より、夏のワークショップとの関連性が深まったなあと自分では、思っています。

壊れたからかさお化けを修復する絵の具や、テープなどに色付けをした。
変身したからかさお化けに、色をぬる。
口の中に色をつけたので、お話の繋がりとも、いい感じにできたんじゃないかなあ〜。

ヘロヘロ人形とのつながりをどうしようかな

今回、フィルムで作った、ヘロヘロ人形とも、紙芝居のなかでコラボしたかった。
これをうまく使えるといいな〜。

初回は、あそこにもあるよ〜。なんて。
言葉掛けで終わってしまったけれど。
うまく、紙芝居の、中と外と連動できたらうれしいなあ。

紙芝居のなかに出てくる、登場人物をフィルムで作ってみた。
会場には、夏のワークショプの様子が、映像で流されています。
連動してみてもらうと、楽しめます。
また他の作家さんの作品もぐるっと関連しているので、全体の感じも楽しめるかと!

子どもとアーティストの森 2022 「 晴れ、ときどき曇り、のち雨 」
ー 子どものアート遊びの記録とそこから始まるアーティストの展覧会

ー9月22日[木] ー 9月27日[火]
会期中無休 11:00ー18:00

早川在廊予定日/9月23日(金)9月25日(日)の午後から


art space ruriro
埼玉県川越市田町2–6
TEL:049-290-2391
https://ruriro.com
東武東上線川越市駅 徒歩2分(*川越駅ではありません。ご注意ください)
西武新宿線本川越駅 徒歩8分駐車場はありません。近隣のコインパーキングのご利用をお願いします。

【参加作家】
森田太初/彫刻
東京生まれ メキシコ 所沢育ち  森の中に住む彫刻家。山のカゲを切り取ってみました。

梶浦聖子/鋳造
空と言えば、インドネシアの雨が降る直前の光が強い灰色の空が好きです。

両岡健太/絵画
埼玉県川越市出身•在住主に油絵の具等で絵画制作を行なっています。

野村優子/ガラス
ガラスを素材にものづくりをしています。たくさんの色を使うことに挑戦しました。

早川純子/版画
ひっくりかえる版画の世界を探索しに東京にうまれる。

【子どもワークショップ】
手島まゆ子/ワークショップ講師
【アートでつなぐ 木のねいろ】の活動名で、子どもも、大人も安心してアートを楽しめる場づくりを大切にしています。

【ワークショップに参加した5人のこども】
らくと たつき いたる りん さえ



子どもとアーティストの森 2022 「 晴れ、ときどき曇り、のち雨 」に、紙芝居をつくりました。前のページ

絵本の種をつくる_その1次のページ

関連記事

  1. グループ展

    [子どもとアーティストの森]2 子どもたちのワークショップでできた素材をもらいに行く。ruriro(…

    グループ展の話し合いにが、8月の終わりにありました。川越市のギャラリ…

  2. グループ展

    グループ展 <こころのカタチ Ornament TREE> 2019年12月6日〜23日 

    一軒家のギャラリー。<Ruriro>でのグループ…

  3. グループ展

    [子どもとアーティストの森]8 展示の作品の紹介を少し。_ruriro(川越市)   

    13日から展示が始まりました。お互いの制作風景はネット上で見ましたが…

  4. グループ展

    双子のノート:「わたしの一冊、あなたへの一冊」100人展 ピンポイントギャラリー

    「わたしの一冊、あなたへの一冊」100人展に参加しています。201…

  5. SEEDS OF MEMORY-2017

    インドネシアでの展示「SEEDS OF MEMORY: Japanese artists in Yo…

    来週から、インドネシアのジョグジャカルタでの展覧会に参加します。…

  6. グループ展

    オンライン展覧会 「ひかりを手に入れる」

    オンライン展覧会 「ひかりを手に入れる」が5月1日から始まりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. しかつの活動

    COVID-2019_メモ05 2020年3月22日 日曜日
  2. WEB管理メモ

    ブログを新しくしました。
  3. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    玉川上水を歩いてムサビまで。
  4. グループ展

    [子どもとアーティストの森]2 子どもたちのワークショップでできた素材をもらいに…
  5. しかつの活動

    COVID-2019メモ02 2020年3月25日 水曜日曇り
PAGE TOP