過去の記事一覧

  1. グループ展

    ポルトガルでツバキの版画展。樹からの再生 -400年椿の木口木版画展 –

    ポルトガル語で、椿の花の名前。Rosa do Japão(日本のバラ) 椿の木は、Japoneiraっていうんですって。 ポルトガルのポルト市。 …

  2. おもしろ情報

    インドネシアの影絵。 人形師のスミヤントさんが、 深夜番組<夜の巷を徘徊する>にでてた〜。_ワヤン…

    マツコさんの深夜番組<夜の巷を徘徊する>に、インドネシアの影絵芝居(ワヤン)の人形師のスミヤントさんが、 出演されていました。 マツコさんが今回徘徊するのは、…

  3. しかつの活動

    かんたんバレンタインチョコ星人の作り方。チョコと九谷焼きの共通点。

    バレンタイン。コンビニのストロベリーチョコに、溶かした調理用のチョコで、目鼻をつけてみた。意外とたのしかった。うずら卵に顔を描いたみたい。材料…

  4. 絵本制作メモ My picture book production process

    <オオカミの話し> 絵本の舞台をつくって登場人物の動きを考えてみる。_3

    絵本の打ち合わせがありました。 13年前の「はやくちこぶた」(瑞雲舎)の続編絵本のうちあわせです。今回はおおかみが主役。打ち合わせ場所に、 急遽作った絵本の舞…

  5. 小さいひと

    節分で食べる豆の数 5才の10倍は50才か。

    節分と立春。一月のお正月より、二月のこの頃のほうが、新しい年になったなあと実感する。節分では、自分の歳の数。または、一粒余分に多い豆を食べる。私は今年…

  6. 絵本制作メモ My picture book production process

    <オオカミの話し> 粘土で絵本の舞台作り_2

    ちょっとずつ試してみる。100円ショップで紙粘土を買ってきて、今回出てくる建物などの小物を作った。動画_1登場人物が移動する道を再考しながら描き込んでいく様子…

  7. 絵本制作メモ My picture book production process

    <オオカミの話し> 粘土で絵本の舞台作り

    絵本の制作をしています。後半部分が引っかってしまっています。違和感があり進まない。登場人物の位置関係がなんか分かりにくい。今回ラフは、ページめくりを気にしてい…

  8. 実家のかたずけ

    実家の片付け。_書き込みがある本と、バーコードがない本を古本屋さんへ送る。また処分_2020年

    実家のかたずけをはじめて数年。。。だいぶ片付いてきましたが、まだまだ本があります。今取り組んでいるのは家族。父、祖父の本。今年2回目の古本屋さんへの発送をしま…

  9. グループ展

    <第5回 版と表現展 木口木版画の世界>1月18日(土)の、イベントとレセプション。

    <第5回 版と表現展 木口木版画の世界>が、横浜の岩崎ミュージアムにて、開催中です。16人の木口木版のいろんな年代の作家の作品が並びます。各作家の作品が各5点…

  10. 版画 printmaking

    版木の彫りの過程。木口木版画「Abracadabra」が、できるまで。

    木口木版画。「Abracadabra」2020  20X15(10.5×8.5)cmが、できるまで。版木を彫る過程をまとめました。現在、横…

最近の記事

  1. しかつの活動

    COVID-2019メモ21 2020年3月6日(金)晴
  2. 展示情報

    個展のお知らせ ゴロリたなおろし
  3. しかつの活動

    COVID-2019メモ14  2020年 3月13日の金曜日のくもり
  4. しかつの活動

    COVID-2019メモ27/2月29日(土) 曇り夜雨
  5. WEB管理メモ

    テスト
PAGE TOP