過去の記事一覧

  1. 版画 printmaking

    [子どもとアーティストの森]5 子どもがワークショップで自由に描いた絵の上に、版画をガツンと刷る。_…

    ワークショップのときに、子どもたちが自由に画用紙に描いていた絵。その上に版画を刷ることにした。画用紙の大きさが、ちょうどポストカード4枚分の大きさ。出来上がり…

  2. グループ展

    [子どもとアーティストの森]4 素材にすこし手を加えてみる。_ruriro(川越市)

    いつも使っている、フィルムにマスキングテープをはり込む。これを切り抜いてヘロヘロ人形にしようかな。会期中のワークショップの素材にも使えそう?…

  3. グループ展

    [子どもとアーティストの森]3 子どもたちの作った素材を持ち帰るが、どうしようか悩む。_ruriro…

    素材を持ち帰って広げてみる。さてどうしよう。私が持ち帰ったもの*マスキングテープ*こどもたちがワークショップの間に自由に画用紙に描いた絵。*床…

  4. グループ展

    [子どもとアーティストの森]2 子どもたちのワークショップでできた素材をもらいに行く。ruriro(…

    グループ展の話し合いにが、8月の終わりにありました。川越市のギャラリーruriro に、素材をもらうため参加作家が集まる。ギャラリーの床に広げられた素…

  5. 快適な制作環境を作る

    新しい老眼鏡を作った。かけると世界が違って見えるなあ。

    老眼が進んだので、先月新しい老眼鏡を作った。前回初めて作ったのが2014年くらいだったかなあ。5年くらい間があいている。今回作ったのは、木版用の作業用…

  6. 小さいひと

    バッタって、草を口にたくさん詰め込みすぎて死んじゃうことがあるのかな?(*虫の写真が出て来ます。)

    4日前から世話していたバッタ(トノサマバッタの幼虫かな?)。今日飼育ケースを開けたら動かなくなっていた。(*虫の死骸写真が出て来ます。嫌いなかたはご注意を)甥…

  7. 小さいひと

    セミと猫

    夜中ビールを買いにコンビニに行く途中、猫が道の真ん中に寝そべってた。暗闇のなかコンクリートの道の上を 寝転んでる猫。猫の前にセミがいた。死にかけのセミを 触っ…

  8. 絵本制作メモ My picture book production process

    紙芝居のたのしみ 秋にでる紙芝居の試し刷りができた。 

    紙芝居の試し刷りができたので、 週末遊びに来た甥っ子師匠に見てもらう。 演じていると、話の最後が気になったらしく、「いいから見せて。」と、私から紙芝居を奪って…

  9. グループ展

    [子どもとアーティストの森]1:素材作りのこどもワークショップ/子どもたちの絵の具遊びを素材にして、…

    8月3日に、素材作りワークショップが行われました。講師は手島まゆ子さん。会場のruriroは、川越市にある一軒家のギャラリースペースです。午前中。午後…

  10. おもしろ情報

    カエルの絵本 よみきかせでも面白い

    「ヒキガエルがいく」パク ジォンチェ作 翻訳 申明浩/ 広松由希子 岩波書店ヒキガエル。私が住んでいる家の周りでも、雨上がりや、小雨の夜。歩道でのそ…

最近の記事

  1. ほにゃほにゃ気まま日記 notebook

    2017年 今年もゴロリ。よろしくお願い致します。
  2. グループ展

    [子どもとアーティストの森]6 マスキングテープを素材として使ってみる。ヘロヘロ…
  3. SEEDS OF MEMORY-2017

    インドネシアでの展示「SEEDS OF MEMORY: Japanese art…
  4. 脳機能

    おうちでのお葬式
  5. 絵本原画展、イベントのお知らせ

    「どんぐり喰い」原画展_きんだあらんど(京都)/会期が9月25日まで伸びました!…
PAGE TOP